【るろうに剣心】志々雄真実(藤原竜也)キャラ紹介&画像集

剣心の最大の敵「志々雄真実」のかっこいい厳選画像集とキャラ紹介を掲載!!
志々雄の元ネタや刀紹介、演者である藤原竜也のことを知りたい人必見の内容です。

志々雄真実

包帯に焼けた皮膚を覗かせる、特徴的なキャラクター。
その体は炎に焼かれた後遺症から常に熱を帯びていて、長時間の戦闘は自分の命を危険に晒す。
そのため「十本刀」を率い、手下を従えながら行動する。

「強ければ生き、弱ければ死ぬ」志々雄の実体験から来る真理のもと行動をする。
日本のために戦い、日本に裏切られた志々雄だからこそ、説得力のあるセリフになっている所だ。

剣心を含む4人と同時に戦い、相手を圧倒した。
志々雄の刀には油が付着しており、摩擦により刀を燃やしながら攻撃をする。
志々雄の味わった痛みを、相手にも食らわせることができる。

幕末期

元々は幕末の志士として、日本のために戦っていた。
戦争が終わった瞬間、その荒い性格と人並外れた強さから、危険人物として暗殺されそうになる。
刀で何回も斬りつけられた後、死んだとみなされ燃やされたことで、現在の状態となった。



藤原竜也

日本を代表する名俳優の1人。
舞台俳優としても活躍しており、さまざまな役を演じてきた。
映画「デスノート」のライト役でも人気となった。

アニメ版

全身包帯姿なのに関わらず、その冷酷さと強さが人気のキャラクター。
映画になってもほとんど同じデザインで再現されている。
声優は池田政典。テレビ俳優や歌手としても活躍する人だ。

志々雄が使っている愛刀は「無限刃」と呼ばれる、新井赤空作の最終型殺人奇剣。
刀の刃は、ノコギリのように無数のギザギザがついており、切った時に刃に残る人の油と摩擦によって炎をまとわせる。

実在のモデル

志々雄にも実在のモデルがいる。
その人物は、元新撰組の初代局長「芹沢鴨」。
元は新撰組の一員として戦っていたが、悪行がエスカレートしていき最後には暗殺された。



おすすめ関連記事

るろうに剣心まとめ

【るろうに剣心】剣心(佐藤 健)のかっこいい画像集

【るろうに剣心】瀬田宗次郎(神木隆之介)画像集

映画公式サイトはこちら

おすすめグッズ



5 thoughts on “【るろうに剣心】志々雄真実(藤原竜也)キャラ紹介&画像集

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です