映画「ラストサムライ」解説

今もなお非常に人気の高い、トムクルーズ 主演映画「ラストサムライ」の色々な知識や情報をご紹介。
時代の知識を深めるも良し、グッズを見るも良し、ラストサムライについて詳しくなりましょう。

今もなお非常に人気の高い、トムクルーズ 主演映画「ラストサムライ」の色々な知識や情報をご紹介。
時代の知識を深めるも良し、グッズを見るも良し、ラストサムライについて詳しくなろう!

概要

アメリカ映画ながら、日本を舞台に日本人と武士道を偏見なく描こうとした意欲作で、多数の日本人俳優が起用されたことも話題を呼ぶ。その中でも「勝元」役を演じた渡辺謙は、ゴールデングローブ賞助演男優賞、ならびに第76回アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた(いずれも受賞には至らず)。

戦闘シーンの苛烈さや、一部に介錯シーンなどを含むため、アメリカ公開時はR指定となっている。トム・クルーズが演じる主人公ネイサン・オールグレンのモデルは、江戸幕府フランス軍事顧問団として来日し、榎本武揚率いる旧幕府軍に参加して箱館戦争戊辰戦争(1868年 – 1869年))を戦ったジュール・ブリュネである。

日本での興行収入は137億円[2]、観客動員数は1,410万人と、2004年度の日本で公開された映画の興行成績では1位となった[3]。一方、本国のアメリカでは2003年12月1日にプレミア上映されたのち、12月5日に2908館で公開され、週末興行成績で初登場1位になった。その後も最大で2938館で公開され、トップ10内に7週間いた。興行収入は1億ドルを突破し[1]、2003年公開作品の中で20位。渡辺謙小山田真小雪真田広之などを含め、日本の俳優が海外に進出する一つの契機を築く作品となった。

登場人物

ネイサン・オールグレン大尉

南北戦争時代のアメリカで南軍やインディアンと戦う北軍の士官。その戦争の渦中、バクリーの命令により関係の無い無抵抗なインディアンの部族に攻撃を仕掛け、老若男女関係なく無差別に殺し回った。命令とはいえ、良心の呵責に悩まされたオールグレンは悪夢に苦しむようになり、逃れるように軍を離れる。
江戸幕府フランス軍事顧問団として来日し、榎本武揚率いる旧幕府軍に参加して箱館戦争戊辰戦争(1868年 – 1869年))を戦ったジュール・ブリュネがモデル。

勝元 盛次

勝元盛次は、日本で反乱軍を指揮する侍。明治維新の立役者の1人だが、性急に外国と交易を行うなどの新政府の方針に反対しており、反乱軍と位置づけられている。
天皇に反乱を起こしているのではなく、大村が中心となっている政府に反乱を起こしており、反乱は天皇に対しての忠義であると信じている。
勝元盛次は西郷隆盛がモデルと言われており、その名は応仁の乱の東軍主将・細川勝元から取ったとされている。

氏尾

勝元の家臣。サムライたちのリーダー格であり、戦では大きなツノのついたカブトをかぶる。
オールグレンを殺すべきと主張し、首元まで刀を振り下ろしたりするものの、勝元から止められる。その後もオールグレンに敵意を見せるが、次第にオールグレンを認めていく。

初めは木刀すら持つことを許されていなかったオールグレンだが、次第に稽古をつけてもらえるようになっていった。
最後の戦いの際、勝元から授かった刀に書いてある文字は「今古有神奉志士。」。「古きと新しきを結びつける者の刀」というメッセージが彫られていた。

音楽

「ラストサムライ」の音楽を作曲したのは、ライオンキングやグラディエイターで有名なHansZimmer。
アメリカ的でもあり、日本のニュアンスも上手く取り入れ作られた音楽は、西洋人、日本人共に良い評価を得た。代表作品としては他に、「パイレーツオブカリビアン 」や「バットマンダークナイト」「インセプション」なども手掛けている。

Last Samurai OST

トムクルーズ

オールグレン大尉を演じるのは、言わずと知れた名俳優トム・クルーズ。
この時の年齢は41歳。主演映画「マイノリティ・リポート」と「宇宙戦争」の間に公開された。
なお「ミッション・インポッシブル3」は「ラストサムライ」の3年後に公開されている。

おすすめ関連商品

おすすめ関連記事



【るろうに剣心】剣心(佐藤健)のかっこいい画像集
実写版「るろうに剣心」も、とうとう最終章が公開。主演の佐藤健さん無くしては、こんなに人気にならなかっただろうというくらい剣心になりきれていた、名シーン写真を集めました。

映画「JOHN WICK Chapter1」 武器紹介
ガン・フーという単語が作られたくらい、戦いに独特なスタイルを持った人気シリーズ映画「ジョン・ウィック」のチャプター1で、ジョンが使っていた武器を紹介!

1 thought on “映画「ラストサムライ」解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です