【水星の魔女】ガンダムエアリアルの機体情報やプラモデル、画像紹介

とうとう始まった「機動戦士ガンダム 水星の魔女」。
まだまだ機体の登場シーンは少ないものの、主役のスレッタ・マーキュリーが乗るガンダム・エアリアルが1話から非常にかっこいい戦闘を繰り広げています。
プラモデルの 1/144HGも売り切れて買えないほどの人気となっている、ガンダム・エアリアルに関して、いろいろな情報を掲載していきます。

ガンダム・エアリアル

スレッタ・マーキュリーが学園に持ち込んだモビルスーツ。次世代群体遠隔操作兵器システム、ガンビットで構成されたシールドを装備している。
法的に使用が禁止となったGUNDフォーマットを採用したモビルスーツ「GUND-ARM」。
考えただけで手足のように機体を動かせるが、人間へのダメージも高く、それが故使用禁止となった。

型式番号:XVX-016
頭頂高:18.0m
重量:43.9t

HGガンプラ

10月6日にHGガンプラでも発売され、すぐに売り切れとなった。
シールドの青色部分も含めて、カラーがほぼ素組で再現できるため、塗装も快適に出来そう。
購入者の素組がレビューで出ているため、気になる方は下記をチェック。

HGガンダム・エアリアル:レビュー
http://schizophonic9.com/re7/hg_aerial.html

画像

まだまだ登場シーンの少ないエアリアルですが、
すでにそのかっこよさは十分なほど伝わりました。

ガンダム・ルブリス

オックス・アース・コーポレーションが開発した試作機。革新的な技術であるGUNDフォーマットを採用したモビルスーツ「GUND-ARM」の一機であり、ガンビットと呼ばれる群体兵器システムで構成されたシールドを装備している。のちにこの機体の進化系がガンダム・エアリアルとなる。

スレッタ・マーキュリー

水星からの編入生の、パイロット2年生。
やや内向的な性格で、コミュニケーション能力に乏しい。
戦いにおいては、「GUND-ARM」を使いこなし、驚くべき戦闘力を発揮する。

おすすめ商品

おすすめ関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です