自信をつける方法

自分に自信が持てない人は結構いますよね。
自信があるかないかで、人生の成功、幸福度にかなりの影響が出てきます。
自信を持って行動力のある人間になり、人生を楽しみましょう!

概要

自信がある人は好きな事に挑戦できるし、好きな場所へどこへでも出かけたりできます。
また、彼女や友人へしっかりとアピールし人間関係も良好です。
そんな自信をつける簡単な心理学的方法を6つ紹介しますので、是非実践してみてください。

方法


プラスの言葉を発する。
「出来る」「勇気」「簡単」などの、対峙した物事に対してプラスになる言葉を発するだけで、気の持ち方が変わり自信がついてきます。逆にマイナスの言葉も心理に影響するため、どんどんプラスの言葉を発していきましょう。


「パワーポーズ」というものがあります。
こちらはただ、自信がありそうなポーズをするというものになりますが、自然と気持ちが落ち着いて自信が出てくるのです。
「背筋を伸ばして立つ」「腕を組んで頭良さそうにする」「カッコ良いポーズをして相手にアピールする」など、一見伊達っぽくも思われますが、自信があるかどうかは気の持ちようでもあるので思った以上の効果を発揮しますよ。


1日の最後に自分自身を褒めてあげることが良いです。
寝る前というのは「特別無条件同化暗示感受性習慣」という状況になっており、自然にその物事を受け入れられるのです。
毎日自分を褒めることで、こういうことができる人間なんだと、自然と自信がついてきます。


緊張する場面を乗り越える。
一つ自分の壁を乗り越えることで自信がついてきます。また逆に緊張する場面から逃げてしまうと自信を失っていきます。
不可能でない人生の壁なら挑戦していくのが良いのと、日々小さい壁を作って乗り越えていくことが良い方法です。
例えば「今まで話しかけられなかった相手に挨拶をする」「入れなかった店に入ってみる」などでも大丈夫です。


部屋を綺麗にする。
こちらは外にいると関係がないように思いますが、実は大きな影響を及ぼします。
汚い部屋に住んでいるだけで「自分はダメな人間なんだ」という暗示がかかってしまい、自己評価が低くなるのです。
綺麗にしていれば、それだけで「自分は管理能力がある」「綺麗好き」というプラスの暗示が働き、良い精神が保てますよ。


毎日「ゲシュタルトの祈り」を読む。

「私は私のことをする、あなたはあなたのことをする。
 私はあなたのために生きているのではない、あなたも私のために生きているのでは無い。
 私は私、あなたはあなた、ただ、もしも偶然に私たちの心が触れ合うのならそれは素敵なことだ。
 もし触れ合わないとしてもそれは自然で仕方のないことだ」

急に何かと思うかもしれませんが、上記はアドラー心理学で「課題の分離」というもので、
人の目が気にならなくなるための考え方なのです。
人目を気にしすぎていると自信が無くなってしまう、ということを心理学では訴えています。

まとめ

どれもちょっとした考え方の違いかと分かりましたか?
簡単なので自分にあった方法から実践していって、どんどん理想の生活に近づけていきましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です