【腸活ダイエット】腸内環境改善で自然と減量する

よく食べているのに全然太らない人っていますよね?
そういう人と何が違うのか疑問に思う人も多いはず。実は、そんな人は腸内の環境が良い状態に保たれているから太りにくいのです。そんなおいしいものを食べても太らない理想の環境を作るにはどうすれば良いのでしょうか?

太りにくい体質は腸の改善から

ストレスが高かったり、忙しくてジャンクフードばかり食べているとあっという間に太ってしまいますよね。
実はそれは、腸内の「ヤセ菌」が少なくなっているから。
その「ヤセ菌」とは何か、またどうすればその「ヤセ菌」を増やす事が出来るのでしょうか?

善玉菌と日和見菌

「腸内フローラ」の中で腸内環境を良くする働きがあるのは「善玉菌」と「日和見菌」と言う2種類。

・善玉菌
良く知られている善玉菌は消化吸収を助け免疫力を向上させる働きなどがあることから、善玉菌が多い環境を作れば、
肥満防止、健康維持、老化防止と、どれも非常に嬉しい効果が期待出来ます。

・日和見菌
一方あまり知られていないかもしれませんが、日和見菌が痩せるための鍵になります。
日和見菌は性質として、善玉菌が多ければ善玉菌に味方し、悪玉菌が多ければ悪玉菌に味方します。
そしてこの日和見菌は、脂肪蓄積の予防や、代謝を上げエネルギー消費をサポートしてくれる効果があるのです。

善玉菌を増やせば一石二鳥になる

結果として善玉菌を増やす事で、肥満防止、健康維持、老化防止の効果が得られ、
加えて「日和見菌」も増えるので、脂肪も蓄積しにくく、代謝も良い体になっていくのです。
これは善玉菌を増やさない手はないですね( ◠‿◠ )!

改善方法

1・朝に水を一杯飲む
朝起きた時に水を一杯飲む事で腸が目覚め、腸の全動運動が始まります。
そうすると朝にトイレを済ませる事が出来るので、悪玉菌が増えるのを防ぐことが出来ます。

2・オリゴ糖、水溶性食物繊維を摂る
善玉菌の栄養源になるのが、食物繊維やオリゴ糖。
ごぼうやきのこ類、海藻類を食べることで水溶性食物繊維を取ることが出来ます。
また、バナナや玉ねぎを食べることでオリゴ糖を摂取出来ますよ。

3・朝食にヨーグルトなどの発酵食品を食べる
善玉菌の代表でもある乳酸菌やビフィズス菌がとれるヨーグルトや納豆、味噌などの食品が非常に良い腸内環境を作ります。

4・糖質を少なめにする
糖質は悪玉菌が増える一番の原因となります。
ケーキやドーナツなど、おいしいお菓子の誘惑には負けないようにしましょう。
ドライフルーツやグラノーラなど、代わりに食べる健康に良いものを用意しておくと自然と少なく出来ますよ。

5・質の良い油を使う
料理に使う油もそれぞれ良い効果があります。
オリーブオイルは大腸のぜん動運動を促すとされるオレイン酸が豊富。
エゴマ油は体内でDHAやEPAなどに変換されるα-リノレン酸を多く含んでいます。
また、ココナッツ油は抗酸化作用や免疫力向上に良いとされています。
体にいい影響を与えてくれる油を使うようにすれば手料理がより健康に良い食べ物になっていきますね。

まとめ

冬は寒くて運動もなかなか出来ない季節です。
そんな時は食生活を改善する「腸活」でダイエットをしていきましょう!
紹介した5つならそんなに大変ではないので、無理なく取り入れていけますよね( ´ ▽ ` )



おすすめ関連記事

心理学
ビジネスや自己啓発に役立つ心理学を解説。
書籍や研究から導き出されたデータをもとにした心理学をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です