【レビュー】リアルなスクイーズパン作ってみた

ただいまコンビニや書店で発売されている、「手づくりスクイーズでパン屋さんBOOK」を購入して作ってみました!
セット内容だけでどれくらい楽しめるのか、リアルになるのかをレビューしました。

ただいまコンビニや書店で発売されている、「手づくりスクイーズでパン屋さんBOOK」を購入して作ってみました!
セット内容だけでどれくらい楽しめるのか、リアルになるのかをレビューしました。

商品

商品は、作り方説明の書籍と、実際に作るアイテムが入っています。
作る元となる低反発スポンジ9種類に、筆、アクリル絵の具4色がセット。

四角い食パン

まずは手始めに四角い基本の食パンを作ってみました。
絵具を薄い色から順番に塗っていき、筆の跡がつかないよう絵具を伸ばしながら塗っていきます。

念のためテーブルが汚れないようにクッキングシートを敷きました。
※写真右上の化粧用のパフは別で購入

ハサミで余分な部分をカットして形を整えます。
スポンジ自体が、ほんのり甘い香りがするので癒されながら作れるのが良いところ。

今度は黄色の絵具を筆とパフを使って塗ります。
リアルなパンをイメージして、四隅は少し着色程度でほとんど塗りません。

黄色に茶色を加えて混ぜ合わせ、パフでスポンジを軽く叩くように塗ります。
そうすることで良い感じにグラデーションが付いていきます。

最後に茶色を同じくパフを使って塗って完成です!

どうですか?簡単に本物みたいな食パンスクイーズが完成しました!
かかった時間は30分くらい。
対象年齢は6歳以上なので、おうち時間が長く退屈しているお子さんと作ってみてもいいかもしれませんね。

メロンパンとチョココロネ

次は菓子パンの王道、メロンパンとチョココロネです。
まずはフチを切り取り整形。
その後に黄色い下地から塗っていきます。

塗らない段階でもおもちのように美味しそうです。

塗っている段階では結構黄色く見えても、馴染んでくるのでこれでよし。

黄色を塗り終わったら、間の焦げた部分を加え、黄色い色にも少し違う色を加えて変化をつけていきます。

次はチョココロネ。
同じく黄色い下地から塗っていきます。
その後濃いめの茶色を塗って焼き色を再現。チョコ部分にも茶色を使って仕上げていきます。

モスラ、じゃなくてチョココロネが完成しました。
スクイーズ自体が削れていたのと、色が濃すぎたところがちょっと失敗でしたが、しっかり焼き色の違いを再現しました。

両方を一緒に撮影。
メロンパンのちょっと潤いのある表面がリアルに再現。
チョココロネの方は焼き過ぎのようですw。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です