メンタルを強くするための方法

メンタルが弱く心が不安定だと、自分に自信が無くなり、人間関係に自信を持てなくなったり、自分にとっての壁を乗り越えることが難しくなってきますよね。
今回はそんな状況を打破する内容を紹介します。

どうしてメンタルが弱くなるのか

メンタルが弱いというのは、気が弱い、心配性、優柔不断、内気などの状態を言います。
どれも自分の人生を豊かにするためにはあってはならない心境ですよね。
そんな不安定な気持ちを左右するのは、実は「腸の状態」なのです。
腸は「第二の脳」としてよく知られている通り、腸内環境によってメンタルは大きく変わります。

・腸内では「幸せ・安心」のホルモンであるセロトニンの95%が作られ、
 不安を抑える効果のあるGABAも同じく腸で作られます。

そのため腸内環境が悪いとそれらが少なくなってしまうため、安心感を感じられない、
不安を感じやすいなどの、メンタルが弱い状況になってしまうのです。

改善するためには

強いメンタルに改善するためには「腸内環境を良く保つ事」です。
腸内環境を良くするためものは下記のもの。

・食物繊維 芋、豆、野菜、果物、海藻
・発酵食品 ヨーグルト、チーズ、キムチ、納豆、味噌、漬物
・プロバイオティクス ヤクルト、ビオフェルミン

それに加えて良い効果をもたらすことが「運動」です。
運動をすることで、食べ物を消化する時間(食べ物が腸を通過する時間)が最善の状態に保たれるのです。

メンタルトレーニングの講習会などもありますが、腸内環境を整え、運動をするだけで十分に改善されていきますよ。

まとめ

ストレスを受けると下痢や便秘などになる事がありますが、下痢や便秘の状態は腸内環境を悪くし、メンタルを弱くします。負のループに陥らないためにも、ストレスを受けてお腹の調子が悪くなったらすぐに、腸内環境を整える対策をするのがベストと言えますね^_^

腸内環境が良く、体調が万全なら自然と自分に自信が持てるもの。
メンタルが弱くなってきたなと感じたら、是非腸内環境の改善をしてみてください。



おすすめ関連記事

心理学
ビジネスや自己啓発に役立つ心理学を解説。
書籍や研究から導き出されたデータをもとにした心理学をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です